生理前症候群からスッキリ!脱却!産婦人科医

PMS腰痛にお勧めのヨガはこの二つ!

PMS腰痛にお勧めのヨガはこの二つ!
PMSの時期におすすめしたいヨガが二つあります。
ヨガはそもそも心と体はつながっているという考えにより
筋肉の伸縮と呼吸を合わせて体をほぐしながらリラックス
していくものです。

 

PMSの血流が悪化していたり、筋肉が緊張したり
するタイミングで行うことは非常に効果があると考え
られています。
女性の体のデリケートな時期だけに、ヨガを取り入れて
心のリラックスも図りたいものです。

 

そんなタイミングで行うヨガとして
「半分カエルのポーズ」「バタフライのポーズ」という
ものがあります。
順番にお話したいと思います。

 

まず@半分カエルのポーズです。
これは骨盤をじんわりと広げ、緊張を緩めることで骨盤内の
血液循環を改善するととも骨盤周辺の筋肉をほぐしてくれる
効果があります。
これはPMSの時期の腰痛やだるさを改善してくれるのです!

 

ではその方法です。
@うつぶせに寝て、足の膝を曲げかかとをお尻の方へ引く
A脚の甲を伸ばして手のひらで抱えて腰の方へぐっと寄せる
B息を吸いながら反対側の伸ばしている方の足の甲をしっかりと伸ばし
上体を反る
C肩のチカラを抜いてゆっくりと5回深呼吸をします。

 

これを左右交互に繰り返すことを1セットとし、
1日数回行うと良いでしょう。

 

それからAバタフライのポーズです。
こちらも腰痛に効果があるのですが、さらには股関節を柔軟に
する作用がありますので、骨盤内の血流、筋肉いずれにも作用します。
わたしはPMSの時期から生理前にかけていつもこのポーズを
行っていますが、生理痛も楽になりました。

 

注意)マット(などの柔らかいところ)の上で行います。
@座ったら足の裏をくっつけて背筋を伸ばして座ります。
(イメージとしては足の裏をつけた胡坐)
A静かに息を吐きながら肩や首のチカラを抜きつつ
ゆっくりと深く前傾姿勢に倒します。
B今度は背骨から頭まで一つずつゆっくりと動かす感じで
状態を起こします。(こちらも息を吐きながら)

 

いずれの場合も呼吸をしながら、ということがポイントです。
息を止めてしまうと効果が全くありません。
深くゆっくりと息をしながら行ってくださいね。