生理前症候群からスッキリ!脱却!産婦人科医

食物繊維でPMS便秘対策!

PMS症状の重い人は朝食を抜いている、
という統計結果もあるそうですが皆さんは
いかがでしょうか?
わたしは抜いていませんが割と重い時期も
ありましたので必ずしもイコールとは
言えないと思います。

 

ただ、食事=PMS症状、と言えるほどに
それは大きく体に影響します。
食事そのものは体を作るものですから
当然と言えば当然なのですが・・・・。

 

PMSの時期に一番困るのは便秘。そう!便秘!!!
これに悩む方は本当に多いでしょうね。
かくいうわたしもそうです。
何が起きた?!というくらい出ませんから(笑)

 

あらゆる水分を体にため込もうとしているため
便秘になるのは仕方がないのですが本当に苦しい!
これが毎月ですからね、本当に何とかしてくれーと
思いますよ。トホホ・・・

 

で、色々調べてみましたがやはり一番大切なのは
食物繊維なのだそうです。
当たり前っちゃ当たり前ですね。
但し、食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維
という二種類があることをご存知でしょうか?
「野菜をこんなに摂っているのに便秘なのはなぜ?」
と思う方はぜひこのふたつをバランスよく
食べていない可能性が高いのです。

 

水溶性食物繊維とは水分に溶けて体に働く食物繊維です。
水溶性食物繊維とは例えば海藻や果物類ですね。
なんとなくイメージしやすい部分もあります・・(笑)

 

では不溶性食物繊維はどんなものがあるのでしょうか?
その多くの野菜類やイモ類、豆、キノコ類です。
不溶性食物繊維は体内にたまった有害物質などを
排出する働きもあります。
またそもそも水分を含んで体内で膨張するという
働きがあるので満腹感を得やすくダイエット効果も高いです。

 

PMS時期に無駄に過食をしてしまうときには
不溶性食物繊維を意識するのもアリですね!

 

但し何度も書きますが二種類の食物繊維をバランス良く
摂らないと逆に便秘になることもありますので
注意が必要なんです。

 

また便秘に良いからと「野菜だけを食べる」というのも
便秘になる可能性が高まります。
PMSの時期、またその時期以外も含めて「バランスの良い食事」
が大きくその症状に作用するということを
しっかりと覚えておいてくださいね。