生理前症候群からスッキリ!脱却!産婦人科医

PMSのためになぜ珈琲を止めた方がいいのか?B

PMSのためになぜ珈琲を止めた方がいいのか?B
コーヒー以外にもカフェインの入っている飲み物は
いくつもあります。(前述した玉露など大変な量ですが!)
例えばコーヒーに次いで多いのはココア、抹茶、紅茶、
そしてウーロン茶、番茶、コーラなどがあります。
(え?!コーラも?!)

 

紅茶に関して言えば、@で書きましたが抽出方法が
時間をかけるものなのでコーヒーほどのカフェインが
出ないのがポイントなのですが、
ココアにカフェインが入っているのはわたしとしては
意外でしたね。

 

また上記以外にも栄養ドリンクの類のものにも
カフェインが含まれているものがあります。
(そのように商品に明記されているので分かりますが)
カフェイン作用は数時間で一気に切れますので
栄養ドリンク系を乱発で飲むのは止めた方が良いと思います。
そもそも栄養ドリンクで乗り越えなければならない状況
というものがすでに体に負担な事態になっているケースが
多いですからね。

 

カフェイン自体が全くの悪というわけではなく、消化促進や
脳の覚醒、はたまた集中力の向上など良い点もたくさんあります。
しかしながら、コーヒーの場合はその依存性の高さや
質の良い睡眠が必要であるPMSにおいてそれを妨げる
傾向があるものを常飲するということは決してプラスには
ならないであろうというのが結果論です。

 

PMSにおいては、まずコーヒーという飲み物を一旦排除して
みるところから始めることで体の変化を知ることでカフェインの
影響を体感することが大切でしょう。

 

一日のスタートはコーヒーから、などと思う方もきっと多いと
思いますが、ハーブティーやホットミルクなどでもその代用は
十分果たせると思います。

 

もちろん体調が良いときはコーヒーを飲んでも良いと思います。
ただし、一旦「絶つ」ことを行って体内の依存性を排除してから、
が良いでしょう。
そうすることで、コーヒーの風味もさらに味わうことが出来る
でしょうし、カフェインレスのコーヒーでもすっかり大丈夫な
体質に変わっているかもしれませんよ♪